<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オザワン被告人の野望??(w)

オザワン被告人の“原発利権”がらみでご案内ぃ~~ん(w)




OZAWA CONFIRMS NUCLEAR WEAPONS POTENTIAL OF JAPAN'S PLUTONIUM PROGRAM AS FURTHER NUCLEAR TRANSPORTS LOOM
7 April 2002

Tokyo, Japan - The statement made Saturday by senior Japanese politician Ichiro Ozawa that Japan could use its commercial plutonium stockpile for making nuclear weapons is further confirmation for Greenpeace of the threat posed by the country's massive plutonium program. The leader of the opposition party Jiyuto (Liberal Party) declared that for Japan, if the military threat posed by China continued to grow, "It would be so easy for us to produce nuclear warheads - we have plutonium at nuclear power plants in Japan, enough to make several thousand such warheads."(1)

In fact, Japan has sufficient plutonium already for more than 7000 nuclear warheads. Currently, Japan has a stockpile of over 38,000 kilograms of plutonium, of which more than 5,000kg is stored at various sites around the country. The largest stock of its plutonium of around 31,000kg is currently stored in France and the UK. This is to be shipped back over the next 10 to 15 years. In total Japan is expected to have more than 45,000kg of plutonium by around 2006-10. This will be even larger if a new plutonium reprocessing plant currently under construction at Rokkasho-mura in northern Japan is completed and operated. The Rokkasho plant is scheduled to produce as much as 100,000kg plutonium during the first fifteen years of operation. In total Japan would have more plutonium than is contained in all United States nuclear warheads. It takes as little as 5kg of this plutonium to make one nuclear weapon.

"Ozawa is right to state the potential of Japan to use its so-called peaceful plutonium program for nuclear weapons purposes. He has exposed the myths of it being a peaceful energy program for a resource poor country. Under this international cover the country has acquired massive stocks of plutonium serving the purpose of an undeclared nuclear weapons program. Ozawa's statement may actually serve an important role in forcing on to the international agenda the scale of Japan's plutonium program and the threat of confrontation in North-east Asia. The challenge is how to make sure that the threat he declares is never carried out," said Shaun Burnie of Greenpeace International.

Japan's plutonium stocks largely consist of so-called reactor-grade plutonium. For years Japanese government and nuclear industry officials have claimed that reactor-grade plutonium is not suitable for nuclear weapons. This despite the fact that the United States conducted a nuclear weapons test with such material forty years ago and even provided classified data to Japan in the 1970s to prove that it was possible to make nuclear weapons. That was done in a failed effort by the Carter Administration to stop Japan's "commercial" plutonium program. In fact, Japan could make highly sophisticated nuclear weapons with its stocks of plutonium, including that contained in MOX fuel.(2)

International concern over Japan's plutonium program will be highlighted in the near future by the shipment of plutonium MOX fuel due to leave Japan for the UK within the coming months. The shipment of 255kg of plutonium contained in MOX fuel was only transported to Japan in 1999 from the UK. However, following disclosures that producers of the fuel, British Nuclear Fuels (BNFL) had deliberately falsified vital safety data, the Japanese government demanded its return. The UK government and BNFL hope that its return will open the way for the shipment of thousands of kilograms of plutonium to Japan in the form of MOX fuel over the next 10-15 years.

Since 1985, Japan has shipped more than 2,300kg of plutonium from France and the UK. All of it justified to the tens of en-route countries opposed to the shipments on the grounds that it was for Japan's peaceful energy program. Not one gram of the plutonium has been loaded into a nuclear reactor, and not one kilowatt of energy has been produced from it.

"The responsibility of the UK and France, as well as the United States, in supporting and supplying plutonium and reprocessing technology to Japan cannot be overstated. They have fanned the flames of nuclear proliferation in the highly unstable North-east Asia region. Ozawa is also right to make the connection between Japan's plutonium program and the threat from China's unjustified nuclear weapons program. That is a connection made by Japanese defense planners for the last thirty years. But he is wrong to suggest that Japan's possession of nuclear weapons would give it military superiority over China. It would only bring a nuclear arms race and catastrophe for hundreds of millions of people. Nuclear disarmament and an end to all trade in weapons plutonium is part of the solution to the underlying problems in this region and globally," said Kazue Suzuki of Greenpeace Japan.

So long as nuclear weapons are retained and justified by the existing nuclear weapon states, the threat of nuclear proliferation will grow. On Monday 8th at the United Nations in New York talks will open on the Treaty for the Non-Proliferation of Nuclear Weapons (NPT). Issues on the agenda will be the growing threat posed by the US nuclear weapons program, including the possibility of a resumption in nuclear testing, as well as the Bush missile defense program. The continued failure by the US as well as the other NPT nuclear weapon states, Russia, China, Britain and France to abide by their NPT commitments to disarm will also be under the spotlight by the majority of non-nuclear weapon states party to the NPT. The breakdown of the international nuclear non-proliferation regime, including the threat posed by new states acquiring nuclear weapons to counter existing weapons states will also figure highly during the two weeks of talks.








JAPAN CAN CONSTRUCT NUCLEAR BOMBS USING ITS POWER PLANT PLUTONIUM
Opposition Leader Ozawa's Statement is Technically Accurate, Politically Dangerous, Says Nuclear Control Institute
WASHINGTON---Japanese Liberal Party leader Ichiro Ozawa's recent statement that Japan could easily produce "thousands of nuclear warheads" using plutonium recovered from the spent fuel of its commercial nuclear power reactors is technically accurate, the Nuclear Control Institute (NCI) confirmed today.
Ozawa stated in a lecture delivered Saturday that "if [China] gets too inflated, Japanese people will get hysterical. It would be so easy for us to produce nuclear warheads-we have plutonium at nuclear power plants in Japan, enough to make several thousand such warheads..[I]f we get serious, we will never be beaten in terms of military power." His remarks were widely reported in the Japanese press.
"Ozawa's nuclear threat would be an extraordinarily dangerous policy for Japan, abandoning Japanese rejection of nuclear weapons under the Nuclear Non-Proliferation Treaty, and it could destabilize all of Northeast Asia," said Dr. Edwin Lyman, scientific director and soon-to-be president of NCI, a non-proliferation research and advocacy center. "However, it is important to note that on a technical level, Ozawa is absolutely correct. Despite deliberately misleading claims by plutonium-fuel advocates in Japan's nuclear power industry, the plutonium separated from spent nuclear fuel by means of reprocessing---so-called "reactor-grade plutonium"---can indeed be used to build reliable nuclear weapons with enormous explosive yield."
Japan currently possesses some 38 tons of reactor-grade plutonium, of which 5 tons is stored in Japan and the rest in France and Great Britain, where Cogema and BNFL (the state-owned French and British reprocessing corporations) separated the material from Japanese spent fuel. The Japanese government says it intends to use the plutonium in reactors as mixed-oxide, plutonium-uranium fuel (known as "MOX" or "pluthermal" fuel). However, Japan's plutonium fuel program has been hit with numerous difficulties, including runaway costs, multiple accidents and public rejection of introducing highly toxic MOX fuel in reactors. The result has been an enormous surplus of Japanese separated plutonium building up over the last decade.
"Japan's plutonium program is simply unnecessary for meeting its energy- security needs because of an abundance of cheap, readily available and non-weapons- usable uranium fuel," noted Paul Leventhal, NCI's president, who will retire and become president emeritus on June 1. "Japan's accumulation of plutonium is already viewed as a threat by its neighbors in the region, including both Koreas and China. Ozawa's claim that Japan could build thousands of nuclear bombs from its reactor-grade plutonium is as politically dangerous as it is technically correct. The best way for Japan to reassure its neighbors of its peaceful intentions is not to plead that its plutonium is innocent, but to halt the commercial plutonium program and to dispose of the separated plutonium by immobilizing it in highly radioactive waste."



んで==3(w)
http://www.kepco.co.jp/gensi/hosyo/bnflmondai.html


欲しんだろにゃ~・・・
どんな“汚い手”を使っても欲しんだろうにゃ~・・・核ミサイル(爆w)
c0173159_212854.jpg

[PR]
by nancy-C | 2011-04-25 21:02 | 四方山

ほんとうの“ウンコ”はこいつ等だな

竹島「海洋基地」こんな時に建設強行とは
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110417/kor11041702510000-n1.htm

韓国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)付近の日本領海内で計画中の「総合海洋科学基地」
建設工事の落札が終わり、近く基礎工事が始まることが分かった。

基地は竹島の北西約1キロに建設され、韓国政府が300億ウォン(約22億円)かけ、2013
(平成25)年の竣工(しゅんこう)を目指している。不法占拠の既成事実化を狙った不当な
工事である。
しかも、日本は今、東日本大震災の復旧・復興に向けて悪戦苦闘している最中だ。そのような
時期に工事を始めるとは、隣国としての信義にももとる。
松本剛明外相は衆院外務委員会で、ソウルの日本大使館を通じて韓国に抗議したことを明らかにし、
「韓国の竹島への措置は到底、受け入れられない」と強調した。当然である。

韓国は大震災直後の先月中旬にも、竹島で大型ヘリポートの改修工事に着手し、5月末に完了する
予定だ。これも隣国の不幸に乗じた行為と言わざるを得ない。
また、韓国の金滉植首相は今月7日の韓国国会で、竹島について「状況によっては、軍隊が駐屯
する案も検討する価値がある」と述べた。この発言も見過ごすわけにはいかない。

一方、自民党の「領土に関する特命委員会」(委員長・石破茂政調会長)は海洋基地建設計画の
即時中止を求める決議をまとめた。超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」
(会長・山谷えり子自民党参院議員)も、韓国に強く抗議し、建設計画の撤回、着工済み工事の
即時中止などを求める決議を了承した。

【国会議員が固有の領土を守る運動の先頭に立つことが重要だ。】

大震災後、韓国からは100人を超す救助隊が駆けつけ、原子炉内の核分裂を抑えるホウ酸などの
支援も受けている。また、中国や北朝鮮の核の脅威に対し、日本と韓国は安全保障面で連携を強め
なければならない関係にある。
だが、それらのことと領土問題は切り離して考えるべきだ。韓国の善意には感謝しつつ、主権に
かかわる問題では譲らない断固とした対応が必要である。



盗難の長崎の重文 韓国の国宝と「酷似」外務省が調査依頼へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110422/plc11042211310015-n1.htm

松本剛明外相は22日の衆院外務委員会で、日本の寺院から盗難された国指定の重要文化財と
「酷似」した文化財が韓国で国宝に指定されているとして、韓国政府に調査を依頼する考えを
示した。

文化庁によると、盗難されたのは長崎県・壱岐島の安国寺が所蔵していた国指定の重文「高麗版
大般若経」。平成6年7月に何者かに盗まれたが、7年6月に酷似した経典が韓国で「発見」され、
国宝に指定された。
文化庁が写真などで確認したところ特徴が一致し、外務省を通じて韓国側に調査を依頼したが、
「確証がなく調査は困難」との回答で、そのまま13年7月に時効となった。

松本氏は「日本の極めて重要な文化財にかかわりうることなので韓国政府の協力を得るべく改めて
照会を検討したい」と述べた。自民党の平沢勝栄衆院議員の質問に答えた。





本当の“独島”を知らないニダ~人w(彼等の云う竹島はイコール独島では無いという意w)
「他人の物は自分のモノにだ!」なニダ~人w

・・・ウンコとは、こう云う事例を云う(爆w)

参考w(ウンコっぷりに大いに笑いませぅ~。。。)
 ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓
http://www.kjclub.com/jp/exchange/photo/read.php?uid=6103&fid=6103&thread=1000000&idx=1&page=1&tname=exc_board_14&number=3891
[PR]
by nancy-C | 2011-04-25 00:03 | 戯言

とうとう・・・

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110418-OYT1T00859.htm

福島1~3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解

経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は18日の記者会見で、1~3号機の核燃料が
「溶融していると思われる」と述べ、内閣府の原子力安全委員会に報告したことを明らかにした。

保安院はこれまで、核燃料の損傷が3%以上としてきたが、「溶融」との見解を出したのは初めて。

損傷とは、燃料を覆う金属製の管が壊れた状態で核燃料が一部露出している場合もあるが、燃料の形は崩れていない。溶融は核燃料が高温で溶け、形をとどめない状態のことを指す。

(2011年4月18日20時48分 読売新聞)


c0173159_2238586.jpg







・・・だから、事故直後からmeltdownと何度も云ってたし、西山氏のヅラも何度も
云って来たがw今更、保安院がコレを発表する真意は・・・??






炉心溶融:(引用~)
原子力発電は、高純度のウランなどで燃料物質を作りそれらを臨界状態になる位置に接近させて
設置し核分裂反応をゆるやかに起こさせ、その時に核物質(燃料棒)が核分裂反応によって
熱くなることを利用して水を沸騰させて高圧蒸気を作り、その高圧蒸気でタービンを回転させ
発電機で発電する(この時、原子炉で発生した蒸気を再度水に戻すためや、使用済みの核燃料を
冷やすための間接的な冷却水(3次冷却水)が大量に必要となり、通常原子力発電所は海や川の
近くに設置される[3])。

緊急時や点検時など原子炉を停止する場合は、核燃棒の間に制御棒といわれる高密度の放射線
遮蔽物を置くことで、核反応を停止して制御するが、この時燃料棒はすぐには冷たくならない
ため、しばらくの間は冷却水を余熱除去系ポンプを使用して冷却水を循環させて炉心を冷却し
続ける必要がある[4]。

ところが何らかの原因で余熱冷却系の水の循環に不備が起こったりするなど炉心の冷却を怠ると、
臨界を終えていても、燃料棒の高い余熱のために原子炉容器内で制御棒や燃料棒自体を溶かして
しまう現象が置きる。これを炉心溶融と言う。この炉心溶融は、通常一時冷却水から炉心が露出
することで起こる。

炉心溶融が起こった後に想定されることは、冷却処理が取れなければ、核燃料の膨大な熱
エネルギーによって原子炉容器や原子炉格納容器、原子炉建屋などの構造物も関連する爆発や
火災で破壊され、最終的には外部に放射性物質を大量に放出する恐れがある[1]。
また、軽水炉においては、溶けた燃料棒が冷却水に落ちると冷却水が激しく蒸発し、水蒸気爆発
が起きる可能性[5]もあり、連鎖的にプラントの被害が大きくなる。最悪の場合には放射性物質を
大量放出する危険があるため、原子力発電において想定しうる最も過酷な事故とされる[6]。

映画「チャイナ・シンドローム」の作中では、アメリカの炉心溶融が連続して起きて原子炉や
地殻を溶かし、地球の反対側の中国まで溶かす「チャイナ・シンドローム」が発生するという
表現がジョークとして用いられた。このため炉心溶融自体をチャイナ・シンドローム(China
Syndrome)と呼ぶこともある[7]が、炉心溶融が発生した場合に、必ず原子炉熔解が起きる
わけではない。

[PR]
by nancy-C | 2011-04-18 22:46 | 風説

4.02“足塚・三成グループ”+加藤まみこLive

まづ!
足塚・三成両氏との「漢の約束」(?)で鳥取カレーを食すw
ターメリックな香りを満喫しながらカレー出待ちなメンバー諸氏w
c0173159_21374699.jpg

私は「チキン・カレー」w
c0173159_21381358.jpg

で、ゆっくり食した後は真剣なリハ。
c0173159_21483136.jpg




4.02は当初「桜まつり」ステージに出演の予定でした。
そのイベント実行委員会の一部委員から“名指しで”云われなき誹謗中傷を受けた我が音楽仲間。
だからどうしても今日この日にこのメンバーでライブが演りたかったのです。
・・・どうしてもね!



譜面のチェックに余念が無い足塚氏。
c0173159_2155526.jpg

足塚・三成の両氏はまみこ嬢(vo,)と一緒に演るのが今日が初めて!

ステージ、歌モノの前にインスト楽曲を少々・・・。
c0173159_21585077.jpg

いよいよまみこ嬢と。
c0173159_2203489.jpg
c0173159_2212997.jpg




「・・・どうしても」という私の個人的な気持ちを知ってか知らずか(w)メンバーの心は
“音楽”という絆で結ばれていました!!

町研は気合が入りつつも楽しんでいる様子が伺えます。オリジナル曲の提案・演奏もありました。
足塚氏はいつもの安定かつ安心のプレイ。そしてセンスが良い!氏もオリジナルを披露。
三成氏はA,saxに加えsopranoとfluteまで持参し彩りを添えてくれました。
ほんと、一緒に演っていて刺激を受ける素晴らしいプレイヤー。
まみこ嬢は今日もちゃんとステージを仕切ってくれました。真似して出来る事では有りません。
初めてのメンバーと云うコトもあり、ステージ上で発生する「化学反応」(笑)を楽しんでる
ご様子。

真冬のやうな冷え込みの中、多数のお客様のご来場を頂き心より感謝です!!
無茶なオファーにもかかわらず(^^;;いつも遠方から快く駆けつけてくれる足塚・三成両氏
の熱演に感謝です!!

まみこ嬢と町研は打ち上げ終了後、街の“お好み焼き屋”で朝方まで飲んだくれていたとか?
いないとか?(笑)お疲れ様で御座いました(^^)v
4.02ライブ、無事状況終了~。
[PR]
by nancy-C | 2011-04-03 22:16 | 四方山

全ての画像は“くりつく”で元サイズへ拡大表示されますぅ~!


by nancy-C

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

りんくぅ~

SONORファン必見・常駐の老舗サイト!あなたもSONOR-GEEKになってみない?w
sonor museum


心底頼りになるドイツのショップでせうぅ~・・・いつもお世話に成っておりあし!
St durums


Sig,に特化したマニア垂涎のサイト!よく相談にも乗ってもらってますが、なにか?
Die SONOR-Signature site


私は“博士”と呼んでますw世界レベルのエンジニア&ドラムマスターでせう!
Uli Frost


ゑ~湾@で!w
ebay de


ゑ~湾@うさ!w
ebay usa


最新のコメント

Nさん(笑) はい、お..
by nancy-C at 09:36
なんだけどもー、、、wこ..
by 先日はお疲れw at 08:59
いえいえ(^_^ゞ ヴィ..
by nancy-C at 17:20
nancy-C 様 ..
by おまぶ at 16:17
おまぶ様 初めまして、..
by nancy-C at 15:29
初めまして。 いつも楽..
by おまぶ at 14:12
(笑)!ええ、懲りずにや..
by nancy-C at 10:17
まあー懲りずにやってます..
by 久しぶり! at 21:03
おおっ!お久しぶりです(..
by nancy-C at 00:34
・・今さら ぱーる なの..
by なんで? at 16:00
N本さん、いらっさい(^..
by nancy-C at 20:51
また新連載って?一体何処..
by Nancyのファン(w) at 17:40
たちゃ丸さん こんにちは..
by nancy-C at 10:42
某オークションものでつね..
by たちゃ丸 at 09:55
メール届いたかな?(w)..
by nancy-C at 20:43
ちょっと来ない間に大忙し..
by なんだか神戸で? at 23:30
たちゃ丸様 >鬼集がん..
by nancy-C at 20:31
nancy-Cさま、ご返..
by たちゃ丸 at 13:58
たちゃ丸様 僻地の拙ブ..
by nancy-C at 20:50
nancy-Cさま、毎日..
by たちゃ丸 at 13:10

カテゴリ

全体
空耳
戯言
風説
四方山
未分類

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

画像一覧